« 第26回こまねっと勉強会『抗がん剤ってどんな薬?』 | トップページ | 2017年 患者サロンおしゃべり会 »

2016-12-07

入院中の過ごし方

早いもので今年も残すところあと1カ月弱となりました。
ここ最近は半世紀ぶりに11月に雪が降ったかと思えば、春のような陽気の日があったりと不安定な気候が続きましたね。
 
そんな中、11月14日(月)今年最後のおしゃべり会が開催されました。
 
常連さん、新人さん、スタッフ含め10名以上の参加者となりました。
いつもの通り、簡単な自己紹介を兼ねご自身の状況などをお話頂きました。
その後、「抗がん剤の副作用」と「再建その他」と2つのテーブルにておしゃべりがスタートとなりました。
 
私は「再建その他」のテーブルにて参加をしておりましたが、これから入院予定の新人さんから入院の際に準備をするものについてご質問頂きましたので、自分の3回に渡る入院生活を思い出しながら、持参して良かった物、要らなかったものなどお話させて頂きました。
テーブルの他のメンバーから出た意見も含め簡単に記載させて頂きます。
 
<持参して正解だった!>
○ふりかけ(病院食は白米が多いのでふりかけは便利です!)
○紙コップ(マグカップのように洗う必要がないので便利です。また、お見舞いの方にお茶を出すのにも良いとのコメントもありました。白い紙コップだと味気ないのできれいなマスキングテープを巻いたりするのも楽しいですよ。)
○BOXティッシュ(意外と使用頻度が高いです!)
○サンダル(クロックスタイプが履きやすくて便利です。特に手術後はゆったり幅のものがオススメです。)
○紙パンツ(手術時に着用していた下着は尿管設置時に一旦回収されますので、紙パンツは気後れせず良いとの意見がありました)
○小さなクッション(手術後に腕を乗せて寝るのに便利です。私は丸めの猫のぬいぐるみを持参しました。)
○ノート・ペン(病室を不在にする際に「売店へ行ってきます。」「デイルームにいます。」など書いてベッドのテーブルに置き、看護師さんが探さなくてすむように掲示板替わりに使用していました。)
○ミニトートバッグ(売店に行くときなど便利です。)
○S字フック(ベッドの柵に掛けて使用しますので、サイズが小さすぎない物が良いと思います。)

<これがあれば良かった!>
○トレイ(卓上の小物をまとめるのに良いようです。)
○置時計(時計は意外とちょくちょく見ます。)
 
<これは要らなかったかな?>
○バスタオル(私の場合は入院当日ベッドに手術着と共に黄色いバスタオルが置いてあり、それをちゃっかり使用しました。)
○ハンドタオル(病室の洗面台にペーパータオルが備え付けてありますので、あまり使用しませんでした。)
○タンブラー、マグカップ、お箸(自分の日常使いのものが良い方は別ですが、私は毎回洗うのが億劫になり殆ど使用しませんでした。)
○ストロー付きキャップ(手術後は翌朝まで飲食出来ませんので)
 
<その他>
○ベッド横の収納に貴重品を入れる引き出しが設置されていますが、スペースが小さく大きな長財布は入りません。入院時はコンパクトな2つ折りの財布をオススメします。
○パジャマは色柄に拘りが無ければ売店でレンタルもあります。(ただ、週末は受付が閉まるので事前にご確認ください。)
○暇つぶしといえば、本・雑誌ですが、病院1階(バス停から入り口の途中)の「こまどり」で書籍の貸し出しがありますので、病室で読むこともできます。(医療系の本など貸し出し不可の書籍もありますので詳しくはこまどりのカウンターでお尋ね下さい。)
○食事については、苦手なものやアレルギーがあるものを事前に看護師さんにお伝えすることも可能です。他には「ご飯少なめに」「朝食はパン希望」「牛乳をヨーグルトに変更」などもリクエスト可能です。
○シャンプー・コンディショナーについては、家にあるサンプル品を活用するのがオススメです。また、リンスインシャンプーなども便利です。
○再建手術をされる方は手術の前日に形成外科にて医療ペンによる下書きがあります。濃紺のマーキングになりますので、肌に触れる下着等は濃い色が良いと思います。
○コンタクトレンズは手術前に外しますので、コンタクトレンズケースの持参をオススメします。
○テレビカードは度数が余ったら、退院時に返金精算ができます。
○給湯器と電子レンジはデイルームに設置されていますので使用できます。
○1回目の入院で使用した手術時着用のソックスを持参しましたが、看護師さん曰く、一度洗濯をすると手術時に必要な強度が保てなるため、手術の際には毎回新品を支給しているとのことでした。(ただ、飛行機に乗る時等日常使用には問題無いそうなので、これも2回目、3回目ともしっかり持ち帰りました(笑))
 
<入院中の過ごし方(私の場合ですが・・・)>
1回目は人生初入院という緊張感もあり、手術後数日経ってもベッドで過ごすことが多く、激務の後の休職だった為思いっきりゴロゴロとして過ごしておりました。2週間ほど入院しておりましたが、あまりにのんびりしすぎてしまい「このままでは社会復帰出来なくなる」と感じ日中をデイルームや売店で過ごすようになったのは10日目くらいからでした。
2回目と3回目の入院はそれぞれ1週間と4日間と短期間でベッドが入り口側だったため、手術直後以外は日中は殆どデイルームで過ごしておりました。デイルームは日当たりも良く、テレビもありますので視聴している方がいなければ好きな番組を見ていました。
また、10月と12月に資格試験を受験する予定でしたので、持参したテキストでデイルームで勉強をして過ごすことも多かったです。(入院中は暇ですから、勉強は捗ります(笑))
そして、デイルームに常駐していると良いこともあるんです!
3回目の入院の際に、入院前の月のこまねっとのおしゃべり会でご一緒した方とデールームで再会しました!
なかなか他の病室に行くことは無いですから、部屋に籠っていたら会えなかったと思いますので、人通りが多い場所で過ごすのも時には良いものですね 。
 
 必要備品や過ごし方は各々お好みがあるかと思いますが、これから入院される方は参考にして頂けましたら幸いです。
 
<次回おしゃべり会>※1月はお休みです。
日時:2017年3月13日(月)14:00~16:00
場所:駒込病院 3階 患者サロン
☆皆さまのご参加お待ちしております!これから入院予定の方もお気軽にご参加ください。

|

« 第26回こまねっと勉強会『抗がん剤ってどんな薬?』 | トップページ | 2017年 患者サロンおしゃべり会 »

耳より情報」カテゴリの記事

コメント

たくさんの情報ありがとうございます。

私も、術後少し元気になってデイルームをうまく使ってリラックスできました。給湯器、いつものマグカップ、ステックコーヒーでほっこり。
看護師さんとのおしゃべりも「楽しい方」の思い出です。そして「感謝」

ナチュラルローソンのコロッケ系(美味しいですよ)家族の夕飯用に見舞いの夫に買って帰ってもらったりしてました。

投稿: Red | 2016-12-08 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第26回こまねっと勉強会『抗がん剤ってどんな薬?』 | トップページ | 2017年 患者サロンおしゃべり会 »