« 手作りタオル帽子 | トップページ | 入院中の過ごし方 »

2016-10-31

第26回こまねっと勉強会『抗がん剤ってどんな薬?』

ついこの間まで夏日だ何だ言っていたのが嘘のように、
朝晩急に冷えてきましたが、皆様お変わりありませんか。

10月29日土曜日、こまねっと第26回勉強会として、
腫瘍内科の下山達先生に、
『抗がん剤ってどんな薬?~薬の副作用との付き合い方~』の
ご講演をいただきました。
今回は、その内容から、乳腺外科のみならず他の科や他院からのご参加も受け、
開始前の院内放送で急遽いらした入院患者さんも含め、
58人がお集まりくださいました。

R00266281_2

すらりと長身の、物腰やわらかな下山達先生から、

・緩和治療は終末期ケアと勘違いされがちだけれど、
 そうではなく、がんの症状を抑えるもの。
 抗がん剤のみよりも、早期から緩和ケアを導入したほうが、
 生存率、生存期間とも良かったという報告もあり、第2の抗がん剤といえる。

・一番大事なのは体力。

・抗がん剤は、がんを小さくするプラス面と、副作用というマイナス面。
 副作用をコントロールすることが重要。

・抗がん剤の発見までの経緯。ほとんどは偶然だった。

・抗がん剤はどのように作用するのか。

・抗がん剤は、がん細胞を狙い撃ちできるわけではないため、
 がん細胞でも分裂が遅いものには効きづらく、
 正常細胞でも分裂が早いものへは副作用が出てしまいやすい。

・抗がん剤から体を守るためには?

・今までの抗がん剤とこれからの抗がん剤。

・ホルモン剤、抗体治療薬、分子標的薬、チロシンキナーゼ。

・治療を受ける前に心がけること。

・なぜがんになるのか、細胞分裂の仕組み。

・がん種ごとの、異常シグナルの仕組み。

……などのお話がありました。

その後、質疑応答やアンケートへのご記入もあり、
参加者の皆様、それぞれにお役立てくださったようです。

今回勉強会に参加できなかった患者さんで、
資料プリントだけでもとのご要望がありましたら、
おしゃべり会に持参しまして、材料費100円でお分けいたします。

次回おしゃべり会

  11月14日(月)  14:00~16:00 駒込病院3F 患者サロン

今年最後のおしゃべり会です。どうぞお気軽にお越しください。
お待ちしております。

話は変わりますが、今回、
お子さんを持つ乳がん患者さんがお子さんにがんを話すための冊子、
乳がんを自己診断で見つけやすくするグローブ、
などを希望者にお配りしたのですが、
ウィッグのコーナーもありました。

これは、これまでの患者さんの協力で、こまねっとが所有している、
再利用のウィッグです。
近々(または、すでに)ウィッグを必要とする方で、
試着でお似合いになれば、どうぞそのままお持ちくださいというものでした。

R0026626

すごくないですか!?

わたし(今回のブログ担当・新米スタッフ)はびっくり。
何度も何度も、「貸し出しではないんですか?」と確認してしまいました。
義務ではないけど返してくれればそれもいいし、
また別の人が提供してくれるかもしれないし、とのことです。

乳がん告知をされ、急に要ることになったり、
もうこの先は使う羽目にならないといいな、と思ったりするだろうウィッグ、
こんなふうに善意で回っていけばいいのに、と考えたこともあるだけに、
すでにそのシステムが、しかもこまねっとにあったことに、
とても嬉しく誇らしい気持ちになりました。
(身内褒め?自慢?みたいですが、新米ですので今回だけお許しください)
まあ、そんなに数はないんですけれどね。

さて、アンケートでご質問をいただいたのですが、
お答え先がわからなかったため、こちらで失礼いたします。

駒込病院でなく他院での乳腺切除した患者でも、
こまねっとに入会できるのですか?

そうですね、切除が他院でも、今駒込の乳腺にかかっていらっしゃる方は
OKだと思うのですが、そうでない方はごめんなさい
(おしゃべり会の会場も広くなく、病院に貸してもらっているものですから……)。

ただ、乳がん患者会がない病院もありますものね。
ボランティアや非営利で行っている、病院単位でない患者会なら、
個人的にご紹介できますので、
よろしければこの記事に、メールアドレス付きでコメントくださいませ。
その際、メールアドレスは、「本文」に書いてはいけません。
必ず、メールアドレス入力欄にご記入ください(それなら、表示はされません)。

|

« 手作りタオル帽子 | トップページ | 入院中の過ごし方 »

◇おしゃべり会/勉強会」カテゴリの記事

コメント

下山先生のお話し、患者さんにとって抗がん剤とは・・と考えて治療してくださっているのがよくわかりました。
とにかく「体力」
睡眠はとれていますか、食事、栄養は十分ですか
前向きな気持ちで治療に臨むために緩和ケアを進めてくださいました。
抗がん剤に効果ばかりを期待するのでなく、先生に自分のライフスタイルを伝えていくことも大切なことなのですね。

ありがとうございました。

投稿: リリー | 2016-11-04 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手作りタオル帽子 | トップページ | 入院中の過ごし方 »