« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の3件の記事

2016-05-31

体温を上げるために

 1月に風邪をひき、近所のクリニックに行って

検温をしたら、何と35度4分という表示に
こんなに体温が低いのかとガクゼンとしました。
体温が低い=免疫力が低い。代謝も悪いわけで
良い事などひとつもありません。
すぐに改善しないと大変!と思い
『食』に詳しい友人に、ずぼらな私でも続けられること!
という条件つきで相談しました。
それならば、まず生姜を!ということで
生姜での低体温改善生活を始めました。
 生姜は、生と熱したものとでは、逆の効果になるそうで
生の生姜にはジンゲロールという成分があり
ジンゲロールは解熱作用や強い殺菌効果があります。
一方で、加熱や乾燥をすると
ジンゲロールがショウガオールという成分に変わり
ショウガオールは血流を高め、身体を温める効果があります。
生の生姜は身体を冷やし、
加熱した生姜は身体を温めるということでした。
 私が始めたのは生姜をオーブンで加熱して
乾燥させた生姜を粉末にして摂る。という方法です。
洗った生姜を皮のまま、薄くスライスして
オーブンの天板に並べ、100度で60分加熱します。
(このとき、電子レンジでの加熱は成分を壊すのでNGだそう)
乾燥した生姜をミルミキサーで粉末にします。
ミルが無い場合は、すり鉢ですり潰してもOKです。
 私はこの生姜粉を、毎日スプーン一杯は摂る様にしています。
摂り過ぎは胃を荒らす原因になるので
一度に大量の摂取は控えて、少しずつ毎日!が良いようです。
お味噌汁やスープ、紅茶、ご飯にもふりかけのようにかけて
手軽に生姜が摂れるので、続けられています。
仕事がら出張も多いのですが、ビンに入れて持ち歩き
無理無く生姜を摂っています。
 毎朝の検温も欠かさず、4ヶ月たった今では
平均体温は36度2分まで上がっています。
気がつくとホットフラッシュも無くなり
関節の痛みも、以前ほど、あまり気にならなくなりました。
身体を温めると良いことずくめ!と実感しています。
まだまだ36度5分まで上げたいと思っています。
私の様に、体温の低い方は
ぜひぜひ、生姜粉生活をおすすめします。
 6月に入ります。
うちの紫陽花も、少しずつ咲きはじめました。
じめじめした季節になりますが
この時期にしか味わうことの出来ない
花、空、木々の色がありますね。
気分良く、この季節を乗りきりましょう。
      こまねっとスタッフ一同
 
 

| | コメント (0)

2016-05-16

エクストラバ-ジンオリ-ブオイルで乳がんのリスクが低下

スペインやギリシャなど地中海沿岸諸国の伝統的な食習慣である「地中海食」。

オリ-ブオイルをたっぷり使い、新鮮な野菜や果物、魚、ナッツ類などを多く摂る食事です。

地中海食の摂取や、適度な飲酒、習慣的な運動、禁煙を行うことで、心臓病や心血管疾患、がんでの死亡率が半減したという研究も報告されています。

特に多用されるオリ-ブオイルは、健康に役立つ多くの働きがあります。

中でも上質で酸度が低く、高機能とされるのがエクストラバ-ジンオリ-ブオイルです。

一般的な精製オリーブオイルに比べ、抗酸化・抗炎症作用を持つオリ-ブポリフェノールが多く含まれ、動脈硬化や生活習慣病の予防など、優れた健康増進効果があることが明らかになっています。

エクストラバ-ジンオリ-ブオイルの酸度は、国際基準では0.8%以下と定められていますが、残念ながら日本ではJAS基準によってのみ規格化されており、日本で瓶詰めされた製品は[エクストラバ-ジンオリ-ブオイル]とあっても、国際基準と比べ酸度が高いものもあります。

食事にオリ-ブオイルをとりいれるなら、できるだけ品質の高いものを選ぶことが重要です。

米国医師会ジャ-ナルに、スペインのグル-プから地中海食による乳がんリスク低下の作用を示した研究が報告されました。

摂取エネルギ-の5%がエクストラバ-ジンオリ-ブオイル由来の人では、そうでない人に比べて乳がんのリスクが28%低下することもわかりました。

これは一日の総摂取カロリ-を1800kcalとした場合エクストラバ-ジンオリ-ブオイルを一日10g摂取すればよいことになります。

地中海食とエクストラバ-ジンオリ-ブオイルを摂ることは、乳がん予防に良い働きがあることが示唆されます。

                 DHC発行:みんな、元気?2016.3月号より

紫外線が強くなってきましたね。

体調に気をつけて過ごしましょう。

| | コメント (0)

2016-05-12

5月のおしゃべり会

5月9日、おしゃべり会が開かれました。

初めて参加の方が6人もいらっしゃいました。抱えている悩みはいろいろです。

 *納得の上の治療のはずだったのに、術後日に日に、全摘出の喪失感が重くなる。

 *抗がん剤治療中、自宅で体調を崩したときに、主治医と連絡をとりたかったがうまくいかなかった。

 *術後だいぶたってから、胸の痛みや息苦しさがある。後遺症なら仕方ないのか、我慢が辛い。

 *ほかの癌も早期に見つけられるように他科にもかかりたいのだが、検診はできないようだ。

      などなど

解決にたどり着かなくても、「その不安、わかる、わかる」と、みなさんで体験談や工夫を交換しながらのおしゃべりに笑顔もこぼれました。

孤独感は生への意欲を弱めます。どうか、ひとりぼっちと思わないでくださいね。

大好きな 小田和正「たしかなこと」の歌詞から・・沁みます

  自分のことを大切にして 誰かのこと そっと想うみたいに

  切ないとき ひとりでいないで 遠く遠く離れていかないで

  疑うより信じていたい たとえ心の傷は消えなくても

  なくしたものを探しにいこう いつか いつの日か見つかるはず

次回おしゃべり会は 7月11日㈪ 患者サロン 午後2時から4時

お待ちしています。梅雨入り前に体を暑さに少しずつならしていきましょう。

             こまねっとスタッフ

| | コメント (1)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »